■イラスト活用(ビットマップデータ編)
■イラスト活用

収録されたイラストは画像が使われた時の文章にマッチするように制作されています。主にカットとして利用したもので、その目的は単にドキュメントの空きを埋めるものではなく、文章を引き立たせ、読者に内容をわかりやすく伝えることが本来の主旨です。

このコーナーでは、より効果的なカットを演出する方法をご紹介します。なお、簡単な操作はマウスやキーボードで可能ですが、絵を描き変えるにはグラフィックタブレットが必要です。

【ご注意】
イラスト集の中でデータ形式にEPSを採用(EPS版)しているものは、使用するプラットフォームに依存します。こちらをご覧下さい。

イラスト集-1〜3のVer2.0以降では、Adobe社のPhotoshopで様々な加工ができるようデータ形式をPhotoshop(PSD)に変更しています。PSD形式は多くのグラフィックソフトがサポートするデータ形式です。WindowsとMacintoshで完全な互換性があり、どちらでも同じように加工して利用できます。ただし、保存の際に他のデータ形式に変更すると、プラットフォームに依存する場合がありますので、最終的に使用するプラットフォーム上でデータ形式を変更保存するようにして下さい。

イラスト集はその制作経緯から、ベースとなったイラストの大部分がMacintoshにて制作されています。説明は主にMacintoshを元にしていますが、Windowsでも同様に扱うことができます。


グラフィックソフトを使えば、キャンバスに絵を描くのと同じようにコンピューター上で絵を描けます。COSMOLIGHTのイラスト集には、そうして描かれたイラストが多数収録されています。

花畑のネコ
▲イラスト集-3のネコシリーズは著者のお気に入り!

1.色を変える
色彩は人の感覚に大きく影響を与える重要な要素です。背景色や構成部品の色、文章の内容によってイラストに使用されている色を変えることで、受ける印象は違ったものになります。

例えばマスク処理されたイラストの場合、背景色と同系色では色が沈んでしまい目立たなくなります。周囲の部品の色と同系色でも同様です。色はグラフィックソフトで簡単に変更でき、効果も高いポイントなので、ドキュメントにマッチするよう十分検討する必要があります。

ただし、何度も色の変更を繰り返すとアンチエイリアス処理のためイラスト線が細くなりますから、最終的に使用するファイル以外で色をいろいろ変えて比較すると良いでしょう。

   

文章の内容とイラストの関係では、硬質な内容や暗い内容の時は寒色系(青・緑等)の色が効果的です。逆にくだけた内容や明るい内容の時は暖色系(赤・オレンジ等)の色が効果的です。淡い色合いにすれば受ける印象も落ち着いたものとなります。あまり濃い色を多用するとイラストが全面に出過ぎて文書を相殺する場合がありますのでご注意下さい。

2.向きを変える
特に人や動物等を配置する場合に、向きは重要です。特別な効果を狙う以外は一般的には関連文章を向く方向にするのが正しい配置です。こうすることで、より文章に注目させる効果があります。方向はグラフィックソフトで簡単に変更ができます。

   

3.表情(人・動物)を変える
表情を変えることでより幅広い文章に適用できるようになります。例えば、「・・・すること!」というような硬質な内容を伝えたい場合に、イラストではへらへらと笑っていては効果は半減です。目と口だけで表情を変えられますので、グラフィックタブレットを使って作画に挑戦してみて下さい。

   

4.しぐさ(人・動物)を変える
腕を組んだり、物を持ったり指し示したりと、グラフィックタブレットと絵心が無いとやや難しいかもしれませんが、こうした変更を加えることで更にイラストの応用範囲が広がります。

   

5.他のイラストと組み合わせる
COSMOLIGHTのイラスト集では、多くのイラストをマルチレイヤー化しているので、簡単に人物等を取り出して他のイラストと組み合わせることができます。

グラフィックソフトにはたいてい切り抜きや選択ツールが用意されています。これらを使いイラスト部分だけコピーして別のイラストにペーストすれば様々なバリエーションを作り出すことができます。

イラストをまるごとコピーするなら、まず選択ツールで背景だけを選択し、選択範囲の反転コマンドを使って範囲を反転させ、有効画像だけを選択するのが簡単です。ペーストした後は選択を解除せず、そのまま拡大・縮小・回転等をして組み合わせれば良いでしょう。

を組み合わせると

 こうなる。

カットに対して以上のような処理を単独又は組み合わせることで、より効果的な演出をすることができます。Ver2.0以降のビットマップイラスト集ではマルチレイヤーによる複合イラストを採用しているため、上記のような例を多数収録しています。それを参考にして、更に多くのバリエーションを活用頂けます。
電子ブック&イラスト集のコスモライト